2006年02月13日

埋め込まれたOLEサーバー Microsoft PowerPoint Presentation

[埋め込まれたOLEサーバー Microsoft PowerPoint Presentation]がPowerPointのファイル内にあると変換が止まる可能性があります。
PowerPointの編集画面で既に[埋め込まれたOLEサーバー Microsoft PowerPoint Presentation]のオブジェクトが見当たらないのにプロパティには残ってしまう場合があり、その場合でも変換が止まる可能性があります。
プロパティに残ってしまっている[埋め込まれたOLEサーバー Microsoft PowerPoint Presentation]を削除するやりかたを以下で説明します。
test.pptのプロパティに[埋め込まれたOLEサーバー Microsoft PowerPoint Presentation]があったときの作業です。

1.PowerPointを起動する。
2.test.pptを読み込む。
3.test.pptのスライド一覧で全スライドを選び、CTRL+Cキーを押す。
つまりスライドをコピーをする。
4.test.pptを閉じる。
5.新規プレゼンテーションを作成する。
6.デザインとしてtest.pptのデザインテンプレートを選択する。
7.CTRL+Vキーを押す。つまりスライドを貼り付ける。
8.スライド1が空、スライド2に以前のスライド1がはいってしまって
いるので、スライド1を削除する。
9.PowerPointのメニューで[ファイル][プロパティ]を選び、ダイアログの
[ファイルの構成]タブを選ぶ。
そして以下の行がないことを確認する。この行はtest.pptには含まれます。
埋め込まれたOLEサーバー Microsoft PowerPoint Presentation
10.リハーサルを設定しなおす。
そのままSWF変換するとリハーサルが再現できません。
スライドをコピーした場合、リハーサルの情報をうまく取得できません。
11.作成したプレゼンテーションを新しい名前で保存する。
12.作成したプレゼンテーションをSWF変換する。
posted by 三浦知之 at 07:19| 日記