2006年04月06日

ver.1.09詳細

ver.1.09で修正された点についてより詳しく説明します。
・ナビゲーションのスライドリストを改良しました。
現在再生されているスライドがスライドリストの中で明るく表示される。
現在マウスカーソールのあるスライドの枠が文字の色になる。
スライドリストが長いときに表示されるスクロールボタンを押しっぱなしにすると連続スクロールする。

・AVIに変換するときのスクリーンサイズの種類を増やしました。
320x240(余白)、640x480(余白)、352x240(余白)、720x480(余白)を追加しました。これら(余白)とついているもので変換すると、変換後のAVIの上下左右に余白がつきます。
テレビで表示するとオーバースキャンというのがあって表示できない領域があります。
アクションセーフティ(90%):この範囲にあれば動くものなら問題なく表示される
タイトルセーフティ(80%):この範囲にあれば文字とかも問題なく表示される
タイトルセーフティに対応して80%のサイズで作成しています。

・AVI変換のときプログラムが進まなくなることがあるのを修正しました。
PASS4で止まってしまう場合がありました。

・複数スライドにわたるサウンドがループの設定をしていないのにループしてしまうのを修正しました。
1回だけ再生すればよいのに、複数回再生してしまっていました。

・PPT2000でワイプの方向が逆になるのを修正しました。
下へが上へ、上へが下へ、右へが左へ、左へが右へと全く逆になっていました。

・段落アニメーションに終了時に消える、色変化、クリック後に消えるを設定すると正しく変換されないのを修正しました。
複数行あるときに1行目はうまく変換されるが、2行目以降は変換がうまくいっていませんでした。

・異なる透過度を持つアイテムをグループ化するとまったく表示されなくなるのを修正しました。
たとえば透過度50%、透過度75%のイメージをグループ化するとまったく表示されなくなっていました。

・強調のアニメーションを使用すると、アニメーション終了後や画面切り替え時に図やテキストが表示されなくなる問題を修正しました。
たとえばイメージがSPINのアニメーションをして、それからフェードの画面切り替えするプレゼンテーションがあったとします。
そのときフェードの画面切り替えする前にイメージが消えてしまっていました。

・アニメーション後の色変更のタイミングがおかしかったのを修正しました。
アニメーション後に色を変えるのは、次のアニメーション開始時に色が変わるようにしなければならないが、そうなっていませんでした。

・SPINのアニメーションの後に回転が戻ってしまうのを修正しました。
たとえば30度回転、45度回転させると、0度→30度、0度→45度にアニメーションしてしまっていました。
これを0度→30度→75度と正しくアニメーションするようにしました。

・軌跡のアニメーションの後に位置が戻ってしまうのを修正しました。
たとえばA→Bに移動し、回転させると、A→Bに移動し、Aの位置で回転するアニメーションになっていました。
これをA→Bに移動し、Bの位置で回転と正しくアニメーションするようにしました。

・フォントの色の変化のアニメーションでの不具合を修正しました。
フォントの色の変化のアニメーションが無視される場合がありました。

・塗りつぶしの色の変化のアニメーションでの不具合を修正しました。
塗りつぶしの色の変化のアニメーションが無視される場合がありました。

・複雑なフォントを変換すると変換が異常終了する場合があったのを修正しました。
中国語のフォントで高次のベジェ曲線があり、その変換がうまくいっていませんでした。

・0xff以下のUNICODEの文字が文字化けする場合があったのを修正しました。
たとえば0x0d7(Xに似た文字)などでそうなっていました。

・サウンドの先頭が再生されない問題を修正しました。
先頭のフレームのサウンドが再生されていませんでした。
つまり12fpsの場合は先頭の1/12秒が再生されませんでした。
posted by 三浦知之 at 18:06| 日記